フィルム・ワークショップ

販売価格 800円(内税)
購入数

出版♦1994年2刷 / ダゲレオ出版
種類♦四六判・222ページ・ソフトカバー
状態♦焼け、カバースレ・キズ・端ヨレと少傷み・シミ、表紙シミ・端小ヨレ、小口シミ、軽いシワ・シミ・角折れ・端小ヨレ
配送♦

内容♦映画メディアを再定義しようとする様々な発想や思考の提示。
スタン・ブラッケイジ「映画とギブ&テイクしよう」
ジャン=リュック・ゴダール「映画をいかに企画するか」
ジョナス・メカス「日常を撮りつづける」
ノーマン・マクラレン「カメラなしでアニメを作る方法」
マヤ・デレン「カメラは何を創造するか」
ポール・シャリッツ「映像と音楽の構造」
ジョン・ホイットニー「コンピューター・グラフィクスの誕生」
ビルギット・ハイン「映画それ自体を問う映画」
ロベール・ブレッソン「映画はエクリチュールだ」
編訳:西嶋憲生

経年感あり

Your recent history