飯村隆彦 / 芸術と非芸術の間

販売価格 1,800円(内税)
購入数

出版♦1970年 / 三一書房
種類♦四六判・262ページ・ハードカバー
状態♦カバーなし、焼け、表紙スレ・キズ・シミ・汚れ・角潰れと傷み・端ヨレと擦れ、小口シミ・汚れ、見返しシミ・シワ・端少ヨレ、シワ・シミ・汚れ・書き込み・角少折れや潰れ・端少ヨレと傷み
配送♦

内容♦1960年代の実験映画やハプニング、インターメディア、前衛演劇などをめぐるエッセイ/レポート。
A. 私の原点
仮空の映像/体験から表面へ、ほか
B. 映像の拡張
エキズパンディット・シネマの旅、ほか
C. ニュー・シネマ その傾向
ジョナス・メカス、ジャック・スミス、スタン・ブラッケイジほか
D. 作家とその周辺
アンディ・ウォーホル論/小野洋子あるいは永遠のオルガスムス、ほか
E. 芸術と非芸術の間
直接行為の芸術/劇場を開放せよ、ほか

カバー(ビニールカバー)なし。
背周辺などの強い焼け、シミなど、表紙難ありの状態です。
ハガキなどが挟み込まれていた周辺のページに、焼け跡・シミが目立ちます。
見返しの遊び紙裏に記名・書き込みあり。
焼け強く、シミが目立ち、経年感ある状態です。

Your recent history