フロンティアの残影 - 日本人 松浦の撮った西部

販売価格 1,000円(内税)
購入数

出版♦1983年 / 平凡社
種類♦27.2x23.5cm・144ページ・ソフトカバー
状態♦焼け、カバースレ・キズ・端ヨレと傷み少・内側シミ、小口シミ、見返しシミ、シミ
配送♦

内容♦20世紀初頭、ワシントン州の人里離れた、開拓の地オカノガンに暮らし、永眠した、松浦栄。
鉱夫、カウボーイ、ネイティブアメリカンなど、様々な人種・人々が行き交う街で、その姿や暮らしを捉えた写真集。
小口や見返しと、ページ端周辺にシミ目立ちます。経年感あり
クリックポストでの発送は、緩衝材なしの簡易包装となります。

_アメリカ

Your recent history